誕生日を迎えて思うこと

6月24日に帯広にて北海道地区交流試合及び審判講習会があります。北広島から選手として参加する人は残念ながらいませんし、私田村も今の時点では行けるかどうか微妙ですが、もしも私とともに(出来たら運転手として…笑)帯広に行きたい方がいたら、申し出てください。というか、誰か乗っけてってくれないかなぁ、ってな話です(笑)。

実際のところ、そろそろ北広島からも試合に出る人間が出てきてもいい頃だと思います。練習ではそれなりにいい動きしてる人間もいるんですけどね。

ただまぁ練習と試合は別物ですからね。それを知るためだけにでも試合に出る意味はあるんですけどね。うーん、やっぱり帯広だと遠過ぎるんですかね。本当に練習やり込んでて意識の高い人間は、遠くても行くんでしょうけど…。まだそこまでは…、って感じですかね。選手育成という意味では、もう少し時間がかかりそうです。

それはそうと、一昨日42歳の誕生日を迎えた田村ですけど、まだまだ身体は動いてます。試合に出てもなんとかなるんじゃないかなぁ。もちろん落ちてる部分もありますけど、現役当時より上がってる部分もあるんじゃないかな?まだまだ若いと思いますよ!

ただ身体が若いのはいいんですけど、頭の中身も若いのが問題で…。もう最近、さすがにヤバいかと(笑)。やっぱり年相応の考え方とか落ち着きとか、必要ですよね、いい加減。

変に貫禄つけてみたり、指導者ぶったりってのが好きじゃないってのがあるんですけど、かといって自分とこの生徒と完全にお友達でもダメでしょうしね。一線引く部分もないと指導もうまくいかないでしょうし。

自分にとっては難しい話なんですけど、もう少し成熟した大人にならなきゃいかんな、と。特に少年部とかやるならなおさらね。ま、これからの私のテーマのひとつです。空道のみならず、社会的にも経験を積み重ねて、人としてデカくならなきゃな、と思ってます。