2月の土曜日の練習場所は北広島総合体育館会議室になります。

来月の土曜日の稽古は、18日を除いて、北広島総合体育館会議室になります。稽古時間は、19時30分から21時30分までになります。18日のみは、第四住区住民集会所でやるので、お間違えなきよう、よろしくお願いします。

最近は土曜日の練習はそこそこ人数いるんで、総合体育館でやっても、職員のお姉さんに怖い顔で睨まれることもないと思うんですね。
2〜3人でひっそりってこともなく、それなりに稽古らしいこともできるようになってるんで…。

だからそろそろ、練習内容を充実させていかなきゃなりませんね。ま、比較的若いのが多いんで、試合にも対応できるような内容にしたいな、と思ってます。

ただ私個人としては、試合では使えないような実戦技術に興味の対象が移ってきてるんですよね。具体的には目突き、金的、裏技の類です。最近、かなりこれ、研究しましたけど、 面白いんですよね。

ただ、こういうのって試合というガチンコの場を経験してない人間が覚えたところで、あまり意味がないと思うんですよね。

試合という手加減のない場で培った地力がない限り、本当に死に物狂いでくる人間に対して、そういう技術が使えるかというと、はなはだ疑問です。

ま、訓練の仕方によっては使えるのかもしれませんが、やっぱり若いうちは、ルールで制約された試合に出て、そこでの勝ち負けを競うということを経験することが、強くなるには一番の早道だと思います。

試合で有効な技術が実際の闘いでは使いづらいということは、ままあると思いますが、そこで培った地力や胆力が後々の
修業の礎になることも事実でしょう。

だから本当に強くなりたいなら、身体の動くうちは可能な限り、試合には出た方がいいでしょうね。 実際、あまり格闘技 経験のない人間を相手にした闘いを想定するなら、試合で使う技術で必要十分だと思います。

ただ、自分よりも大きく、自分と同等かそれ以上の技量を持つ人間を制することを考えるとき、試合ルールでは許容されない禁じ手の類にどれだけ習熟しているかということが、勝負に大きく影響することも事実だと思います。私はこれからそれをちょっとやってみたいんですね。

若くてこれから強くなろうとする人は、試合中心に考えていけばいいと思うんで、当面はそういう試合技術中心に指導を進めていくつもりでいます。具体的にはキックや総合の技術ですね。春の予選も2か月後に迫ってきたので、北広島からも選手を出せるよう頑張っていきましょう!

昨日の稽古及びちょっと考えたこと

昨日は広葉中学校体育館での稽古日でしたが、来る予定のメンバーがみんな来れなくなり、同好会開設以来初めての、出席者ゼロ(西村君は待ってれば来たでしょうが…)の非常事態!そこでハタと思い出し、引き返しましたよ、札幌へ。

そう、昨日は北斗旗中量級王者の田中俊輔君が、北海道本部に移籍後、初の稽古指導日だったんですね。ちょっとどんなものだか見てみたい な、と思って。

彼の稽古指導を見るとはなしに見ながら、最後にマスと寝技の相手をしてもらいましたが、さすがにうまいですね。組手はもちろんですが、指導も。

自分も彼の吉祥寺支部仕込みの打撃技術は大いに勉強さしてもらいたいと思ってます。彼は空道では後輩にあたるわけですが、こと技術の世界ではそれは関係ありません。

これは北広島同好会においてもそうしたいのですが、こと技術に関しては、できる人間ができない人間を教えるというのが、当然だと思います。

もちろん、武道ですから、先輩後輩の序列は大切です。日常においては、先輩を立てて尊重する、それも当たり前のことです。

ですが、それを技術的な領域にまで持ち込みすぎると、それは技術の停滞を招き、下の者の伸びる芽を摘んでしまう、ひいては全体のレベルの停滞を招く、そうなりかねないと思います。

ですから、私はこれからも先輩のみならず、後輩諸君からも、自分より優れた部分については謙虚に教えを乞うていきたいと考えてますし、北広島同好会においても、そういう気風を作っていきたいと思っているのです。

ちょっと話がそれましたが、 田中君が来たことにより、北海道本部のレベルも確実に上がるでしょう。私もたまには出稽古さしてもらいながら、彼の技術を吸収し、かわりにと言っちゃあ何ですが、練習相手を務めながら、得たものを北広島の塾生諸君にも伝えていきたいと考えてます。北海道本部に負けないように、我々も頑張りましょう!

1月12日(木)の練習場所は、第四住区住民集会場です

1月12日(木)の練習場所は、第四住区住民集会場です。練習時間は、19時30分から21時30分までになります。

まだ冬休み中ということで、広葉中学校の体育館が使えないので、木曜日の練習は第四住区住民集会場でやります。学校が冬休み中ということは、昼間体育館を使っていないということなので、広葉中学校の体育館でやったとしても、昼間の余熱がないので、さぞや寒いでしょうね。いづれにせよ、ここは別の場所でやるのが賢明かと…。それとも、あえて厳しい環境を選んで稽古するのが、武道家というものなのでしょうか?まだまだ私は修行が足りないようです。

話は変わりますが、私は昼間、大曲の三井アウトレットパークで警備のアルバイトやってんですけど、年末から正月にかけて忙しかったですね。混んでたんでイライラしたお客さんから、かなり文句言われましたね。ただまぁそういう時でも、あんまり腹立たなくなったな…と。

空道のような武道やると、いざというときの心の備えみたいなものができるので、イライラしたり、キレた人見てもわりと平常心でいられますね。このへんの心の余裕つくり出してくれることが、球技などの他の競技にはない、武道の優れた点でしょうね。

なーんてこと言っちゃってますが、考えてみりゃ私、ついこの間、10代の子に生意気なこと言われてキレちゃいましたね
。いやー、ホントにアタマに血が昇ったわけじゃないんですけどね……うーん、ちょっとねえー……言い訳してもダメか(笑)。やっぱり私はまだまだ修行が足りないようです(笑)。さらなる研鑽に励みます。押忍!

今年の稽古は1月7日(土)からです

本年度の北広島同好会の初稽古は、1月7日に北広島総合体育館会議室で行います。稽古時間は19時30分より、21時30分までになります。

みなさん、新年明けましておめでとうございます。田村です。今年も私並びに北広島同好会をよろしくお願いします。

なーんてあらたまって挨拶してみましたが、あんまり似合いませんかね(笑)。普段は割合そういうの省略がちというか、あんまりあらたまらない人間というか…。どっちかというと、形式的なこと苦手な人間です。

もちろん、まかりなりにも武道やってる以上、そういう形式的なことの大事さも理解しているつもりではいますが…。やってなかったら、ヒドかったでしょうね。

「先輩は大道塾で空道やることによって、なんとか人間らしくなってきたんですよ!」
なーんて先輩に対して失礼なことを平気でいう、どっかの同好会の責任者のO久保君に対して、いつか説教してやろうと思ってんですから、私も随分成長したものだと思います(笑)

ま、そういうことはさておき、北広島同好会としては昨年以上に活発に活動していくつもりでいます。千歳や恵庭でも早く活動開始したいですね。本年もみなさんのご支援とご協力をお願いします!押忍!